グリップの握りを直すのって難しい・・・

昨日はジュニアの練習があり、ずっと気になってた次男のラケットの握りの矯正をしたが、

次男の握りはウェスタンでさらに猫手になるのでバックハンドが上手く打てない。

ずっと気になっていたんで矯正しようと意気込んでいたのですが・・・・

 

握りって直すのこんなに難しかったっけ・・・

 

とりあえずは基本のイースタングリップを指導しました。

★イースタングリップの教え方★

ラケットを麺が地面と垂直になるようにします。

グリップと握手するように握ります。

理想は親指と人差し指の間に指1本入るくらいのスペースがあるといいです。

めっちゃ簡単に説明しましたがこんな感じで説明して握らせるんですが…

何度も握りを確認するもどうしても上手く握れないみたい。

 

教えてるこっちがなんで?wってなりますw

 

でもそのまま放置なんてできないので、少しずつ悪いところを修正して

 

何とか握りはできるようになったんですが・・・・・

 

どうしてもリストスタンドが出来ないんです。

 

猫のように手を内側にいれてしまう。

 

なので手の甲を上にグッと上げるようにすると若干治りました。

しかし、

そこに意識を向けると今度は体を使って打たずに手先だけで打とうとするし・・・

 

MUZUINE☆

 

こういうことをちゃちゃっと解決してしまう方たち・・・・。

 

尊敬します。マジで

 

それと同時に自分の知識のなさにガッカリします。

 

もっと勉強が必要ですね。

 

最終的には3人がかりで(笑)なんとか教えて少しは改善できましたが、こればっかりは

継続してやっていかないと治らないと思うのでこれからも毎回確認していこうと思います。

 

そもそも握りってどんなのがあるの?

 

ちょうど握りの話になったので少しだけ説明を

 

基本的には、イースタングリップで握るのが一般的です。

 

バックハンドでは、バック握り、フォアではフォア握りで握ります。

 

 

最近では握り替えをしない握り方もあるみたいですね。

 

初心者の人はほとんどがウェスタングリップですよね。

 

一番面が作りやすくきちんと当たりやすいのでそうなってるんだと思います。

 

自分自身の握り方はコンチネンタルグリップに近いかな?

あまり握り替えをしないので、しないでも打てる握りになっていました。

 

握り方については、下記のサイトが参考になりますよ。

バドミントンの握り方

 

ただ、イースタングリップにこだわりすぎで逆に打てなくなる人も

 

いるみたいですので、自分に合った握りで握るのが一番いいのかなぁと思いますw

 

でも、修正できるならイースタンを覚えると将来的にショットの幅も広がりますし、

 

ラケットワークもやりやすくなります。

 

 

他の指導者の方はどのようにして握りを教えてますか?

いい方法あれば教えて欲しいです。

 

 

子供たちの成長記録ブログ

みぃちぃブログ

も宜しくお願いします!

是非応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村


是非シェア・良いね!お願いします!

2 件のコメント

  • グリップはホント理解してもらうの難しいですね

    丸めたカレンダーを潰さずに持つイメージとか、生卵もつイメージとかいいますけど、想像しても持ってるのはラケットだし ╮(╯﹏╰)╭

    手の平で持たずに、指で持つ(これも言葉では説明しにくい)がやわらかく、持ち替え出来る基本なんですけどねぇ

    手首こねて、レシーブしてる人みると、故障しないかこっちが心配しちゃいます

    暇なときに、ラケットくるくるがやっぱり効果的かも

    お子様相手だと、理解してもらう労力大変でしょうが、根気よくがんばってください

    • 年寄りバドラーさん
      コメントありがとう御座います。

      ほんとに理解してもらうのに大変です。
      最初はきちんとした握りでやってるんですけど、途中から自分の握りやすいように
      握り返したりしますし笑

      教え方も様々ありますよね。指で持つ!そうこれが一番教えるのが難しい・・・。
      ラケットくるくるは自分もしてました。子供にもやらせてみます!
      いつもありがとう御座います

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください