【バドミントン】2対1・スマッシュ無しシングルで体力とラリー力を!




 

マレーシアマスターズ2019始まりましたね。

今年から、初戦から同国対決があるようで男子シングルス初戦では、全日本総合の決勝カードが初戦で見れるというなんとも豪華でした。

結果も、桃田選手を西本選手がファイナルのセッティングで勝利し、今年は何が起こるかわからないそんな予感がして楽しみです!

マレーシアマスターズの結果が気になる方こちらの記事で書いてますので、是非!

さて余談はここまでにして本題に入ります!

バドミントンの体力は長距離走を走る体力と違う?

うちに来る中高生男子達の大きな課題の一つが体力!

 

最近良く思うのだけど、バドミントンの体力って長距離を走る体力とちょっと違いますよね?

 

どちらかと言えば中距離的な・・・。

 

中高生達は、長距離走は速いんですよね。学校の持久走も1桁だし。

 

ということは、やっぱり長距離とは違った体力?が必要なんだなと。

 

そこでラリー力とコート内体力をつけるために!

 

2対1のシングルとスマッシュ無しシングルを行うことにしました!

名前の通りの練習ですがいちよう説明を・・・。

2対1シングル

試合はもちろんシングルスのコートで行います。2人側はダブルスをやるとシングルスとは別になってしまうので、半面シングルスの要領で行います。

始めは2人側は相手をしっかりと動かすように配球をしてください。

慣れてきたら、しっかりと決めることも意識しながら行います。

スマッシュ無しシングル

文字通りスマッシュを打たないシングルスです。プッシュは有りです。

ラリーの展開を考えて相手をどう追い込むのかやショットをより正確に打つことを意識しましょう。スマッシュがないので我慢してラリーをしてどう決めに持っていくかを考えましょう!

スマッシュ無しシングルスは、思っている以上にきついです。

どう相手を動かすかしっかり考えないといけないですし、ラリーも長くなるので体力向上にもいいです。

2対1は、決まらないのはもちろんですが、相手が2人いるので返球が早くなります。

自分もその返球に合わせて速く動かなくてはいけないのでフットワークのスピード強化とラリー力の強化にもなります。

21点①ゲームなどでやるのも良いですが、時間制にするのもいいと思います!

 

春からは本格的に試合が始まります。

 

それまでに今以上に実力と体力をつけてしっかりと結果が残せるように指導していきたいと思います!

是非応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村



 

是非シェア・良いね!お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください