バドミントンは技術だけじゃないメンタルの重要性!




 

バドミントンのメンタルの重要性を再認識した今日この頃。。。

 

最近うちの練習に来だした中学一年生の男の子がいます。

 

技術やフットワークとか見ていると、とっても上手いしスピードもある。

 

ショットの強さはまだまだですが、リストの柔らかさやショットの柔らかさは十分にある。

 

なのになぜか試合に勝てない!

 

その理由はいったい何なのかなぁと思ってその子と話をしているとだいたい分かった。

 

技術よりも大事なのはメンタル

 

その子の性格もあると思うんですが、考え方がとってもネガティブ

 

「自分なんて弱いので…」

「自分なんて…」

 

シングルスをしていても、途中から負けることを前提に試合をしている感じがする。

 

相手強いから勝てないとか、そんなショット取れないとか

 

この子に限ったことではないと思いますが、思考がマイナス過ぎる!

 

本当に強い子は、どんな時でもポジティブであるし、どんなシャトルも諦めない。

 

その強さの裏には、努力を重ねての自信があるのだと思いますが…。

 

自分の限界を自分で決めないで、とことん出来るこの時期に頑張ってほしい。

 

メンタルを強くする=ポジティブシンキング

 

これは自分の考え方ですが、

 

メンタルを強くする = ポジティブシンキングだと思っています。

 

どんなピンチでもポジティブに捉えるとピンチもピンチに思えなくなります。

 

実際に自分がそうなのですが、セッティングになると緊張する!とか良く聞くんですが、自分はセッティングになると楽しくなりますw

 

ここで一本とったらどんだけ気持ちいいんだろう!とか、

 

ちょっとヒリツク感覚がとても心地良いんですw

 

そう考えているとセッティングでも焦ることなく普段通りのプレーができるし、

 

いつも以上に集中できるんです。

 

ポジティブに考えるにはどうするのか?

 

自分がやっていたのは、ミスしてもそのミスを悔やまない!

例えば、

スマッシュをネットにかけた時

 

「あぁ・・・クリア打っとけばよかった」

「ちゃんと打てよ、俺!」

 

とか思うんじゃなくて、

 

「ネットにかかったけど今の展開でスマッシュを打てたのはいいこと!」

「しっかりと体も入れれたし次は入る!」

 

とか、なるべく前向きにポジティブに考えるようにしてます。

 

これを繰り返していると自然にポジティブに考えるようになり、何故かミスも減っていきます。

 

とても不思議なんですけどねw

 

簡単には身につかないと思いますが、もしネガティブに考えてしまう方、どんなことでも良いのでポジティブに考えるようにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう



応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村

是非シェア・良いね!お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください