ジュニア練習メニュー!回内回外からやり直し。再スタート!




 

先日、ほかのジュニアのコーチさんにアドバイスを頂く機会があり、

 

ちょっと自分の考え方とか指導方針とか色々と考えさせられました。

 

ジュニアの子もほめてもらえて、しっかりと育ててあげなよって言葉で、

 

自分にかかっている責任の重さを改めて実感しました。

 

そして、しっかりと基礎の基礎からやり直して今まで以上に一生懸命頑張ろうと思います。

 

まず取り組んだのが、

 

スイングの修正(回内・回外)

 

コーチ陣とも話をしていてずっと気になっていてアドバイスなどはしていたのですが、

 

これを機にしっかりと回内と回外でのスイングをちゃんと教えようと思いました。

 

特に、ほかのジュニアで指導を受けていた子達のスイングが回内も回外もできていないようなので、

 

しっかりと出来るようにまずは、握りとリストスタンドを教えました。

 

握りは手投げのスマッシュを継続してやってきていたので、みんなバッチリできるように

 

なってきました。

 

問題は、リストスタンド。

 

皆リストスタンドが出来ない。回内回外で打つのであればリストスタンドは必須。

 

まずはそこから指導することに。リストスタンドについては下記記事を参考にしました。

 

なぜリストスタンドが大事なのか?

 

簡単に言えば、強いショットを打つのにはリストスタンドが必要ってことです。

 

リストスタンドが出来て次にやったのが、

 

回内と回外の素振りです。

 

まずは、体の前にラケットをリストスタンドして構えます。

 

まずは回内を体の前で、そして回外を。

ここまでは、みんなできていました。

 

そして、頭の上でやってみると・・・・・。

 

案の定みんなできない笑

 

どうしてもリストスタンドが出来なくなって、手首がぐにゃぐにゃになっちゃう。

 

何度か説明しているとみんなできてきたーー!

 

素振りで出来たらさー、シャトルを打ってみよー!

 

手投げで頭の上で構えた状態で回内だけで打つ練習をしました。

 

出来なければ何が悪いのかをコーチ陣としっかりと指摘してあげて出来るまでやりました。

 

その結果…。

 

なんとかみんなできるようになってきた!

 

そして、ロビング練習をすると。

 

何も言ってないのにきちんと回内と回外が出来てるwww

 

子供ってすごいなぁと思った瞬間でした。これを継続してやり今まで以上に

ショットが力強くなってくれるといいな!

 

しかーし、

 

翌日にも練習をすると・・・・。

 

見事に元通り★

 

まぁ、最初なので仕方ないか・・・ってことでまた一から

 

10月いっぱいは子の練習を多めに取り入れてやっていこうと思います!

 

リストを鍛えるならこれ

是非応援クリックお願いします!

にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ
にほんブログ村



 

是非シェア・良いね!お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください