アジア競技大会2018バドミントン!試合結果




まだ、アジア競技大会2018バドミントンは明日もありますが、

 

日本人選手の試合は今日で終わりましたね。

 

今日の試合では、女子ダブルスの高橋・松友ペアが決勝戦を行い

本当に本当に惜しい、20-22、20-22という結果で敗れてしまいました。1ゲーム目ゲームポイントを先に取っていたので本当に悔しいですよね。

 

しかし高橋選手はこういった大きくて注目される試合でのパフォーマンスが高いですよね。

 

2ゲーム目18-20と追い込まれてから追いついたところもさすがの集中力ですよね。

 

凄いプレッシャーの中の試合、お疲れさまでした。

 

しかし、今日の2人は後姿が似すぎてて双子みたいでかわいかったですねw

 

松友選手の涙を見て、自分も少しウルっときました。

 

今回の大会で一番印象的だったのが、女子ダブルスの表彰式ですね

 

ついさっきまで死闘を繰り広げていたペア同士がこんなにも笑顔で写真を撮れるなんて

 

昔では考えられなかったですよね。

 

こういうお互いがお互いをリスペクトしている感じが出ていていいなって思います。

 

男子シングルス西本選手銅メダル!

男子シングルスでは、西本選手が準決勝でしたね。

 

地元のインドネシアの選手との対戦で、アウェー感が半端ない中での試合でしたが、

 

2ゲーム目見事に攻め切りファイナルまで持ち込みましたが、

 

惜しくも、敗れてしまいましたね。

 

観客も敵の中、本当におめでとうございます。

 

銅メダルも立派です!!!

 

女子シングルス 山口選手 銅メダル!

女子シングルスでは山口選手が準決勝でしたね。

 

相手はインドのプサルラ選手。

 

この二人の試合はいつも、見ていて力が入るので疲れますね笑

 

自分がこんなに長いラリーをしたら死んじゃいますww

 

負けてしまいましたが、銅メダルも立派です!おめでとう!!

 

大会まとめ

今回の大会では、日本は女子団体で金・男子団体で銅と団体でも強さを見せました。

 

個人戦では、タカマツペアの銀メダルと福島廣田ペア・西本選手・山口選手が銅メダルと6個も

 

メダルを獲得しました。

 

試合自体では、こんなに大きい大会であるのにも関わらず、チャレンジ制度がなかったのが

 

ちょっと残念ですね。チャレンジがあればって場面もかなりありましたし、その一点で試合の

 

流れが変わることも多々あります。

 

是非、こういった大会ではチャレンジ制度をきちんと取り入れてほしいですね。

 

一番印象深いのが、やはり応援ですよね。

 

さすがバドミントンが人気の国だけあってかなり盛り上がってましたし、

 

インドネシア選手の活躍が目立ちました。

 

2020年のオリンピックでは日本もこんな雰囲気が作れると良いですよね。

 

そうなるためには、まだまだバドミントンを日本で盛り上げていかないといけないですよね。

 

今回は、地上波で試合放送がありましたが、ほかの試合も地上波で是非放送して

 

もっともっとバドミントンが日本で盛り上がると良いなと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



是非シェア・良いね!お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください