ジュニア練習!バドミントンにもマナーはある!マナーを覚えよう!

わたしが幸せになるきっかけをくれたのが
こちら↓↓





先週のジュニア練習から、半面シングルスをしながらマナーとルールを少しずつ教えていくことにしました。

長女は現在試合も出ているのである程度は分かっていますが、双子ちゃんは全くルールも分かっておらず、10月に初試合を控えているので徐々に教えていくことに。

まずは、マナーから教えました。

マナーと言ってもそんなにたいそうなものではないですが、

マナー

①コートに入る前にコートに一礼をしよう!

これから試合をしてお世話になるコートです。しっかりと「お願いします」と大きな声であいさつし、一礼してから入りましょう。
コートにお世話にはならないでしょー。なんていう人もいますが、やはりコートを使わせてもらうのでしっかりと一礼しましょう。

②挨拶は大きな声ではっきりと言おう!

試合開始前の相手とのあいさつは大きな声ではっきりと言おう!お互いに気持ちよく試合をしたほうがいいし、挨拶は大事!なので大きな声であいさつをしてから試合を始めよう!

③自分がミスしたときは、シャトルを相手よりも早く取りに行こう!

自分がネットにかけたりしてミスをしたときは、相手よりも早くシャトルを取りに行こう。自分がミスをしたんだから、相手にとらせるのはダメ。
出来る限りミスしたら素早く自分で拾いにいきましょう。

④シャトルを相手に返すときはアンダーハンドで山なりに打って返しましょう

相手にシャトルを渡すときは、ネットの下を通すんではなく、ネットの上をアンダーハンドで山なりに打って返しましょう。落ちたシャトルを拾わずにネットの下を通すのではなく、しっかりと拾って打って返しましょう!

ルール

ルールについても基本中の基本を教えました。いっぺんに色々言っても覚えられないと思うのでまずは、

①サーブは、ネットから一番近い横線を超えるように打ちましょう

バドミントンの試合は必ずサーブから始まります。なのでサーブについて説明しました。とりあえずはネットを超えて一番近い横線を超えるように打つこと。そして、対角のコートに入れるようにしよう。

②サーブは得点を取った方が打ちましょう!

やってみるとこのサーブは得点を取った方が打つのが一番難しいみたいです笑自分らにしたら当たり前なんですが、双子ちゃんは遊びでしか試合はやったことがないので得点取られても返さずにそのままサーブを打ってしまうことが多々ありました。何度もすれば覚えれるはず!

ルールについてはサーブのみ教えました。

他にもサーブで言えばフォルトなども教えないといけないとは思いますが、まだサーブがきちんと打てないのでまだまだ先でもいいかなぁと思います。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



是非シェア・良いね!お願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください