【バドミントン】体験談②~更なる高みを目指しいざ強豪クラブへ~

わたしが幸せになるきっかけをくれたのが
こちら↓↓





前回の続きです。

前回を読まれてない方は以下のリンクよりどうぞ↓

体験談①~おっさんとの出会い~

 

バドを初めて4ヵ月~5ヵ月が経ち、試合ではおっさんと一緒にB級に出ていました。

 

もちろん負け続けていました…。何回試合に出ても勝てそうになると自分が狙われ経験が少ないときは緊張と焦りからミス連発…。おっさんキレる。おれしょげる。

 

そんな試合が続いた中、またもや転機になる試合がありました。




 

何度も負けていたのですが、いっつもB級で決勝トーナメントに出場したチームが必ずほどんどがあがるクラブがありました。

当時、自分の中ではそのクラブは憧れでした。
強い人がたくさんいていつも決勝トーナメントいってるし。

 

いっつも負けるのはそこのクラブでしたし!!

 

おっさんはそのクラブの主催者の人と知り合いでなんと、練習に来たら~っとお誘いをうけ、

その次の週さっそくお邪魔することにしました。

このクラブこそが自分の大きな転機になったクラブでした。

 

お邪魔したのは良いのですが、ゲーム連などをすると本当にお邪魔ばかりしてました。

自分の下手さが情けなくなるくらいで、でもクラブ員の方は優しくてアドバイス等もしてくれました。
年が近い子も多くとても楽しかった。

そこで練習を一緒にするようになり数か月…。勝てなかったB級でも結果が出るようになりました。

結果が出始めると、強豪クラブの方に誘われ試合に出るようにもなりました。

試合に一緒に出させてもらい、打ち上げにも参加させて貰い驚いたのは、

みーーーんな試合の反省をしたり、お互いにアドバイスやペア同士で話しをしていたりとバドの話ばっかりしてました笑



その場で、上手くなるには

 

自分のプレー・癖をよく知り、配球を考える。

 

ということを教えてもらいました。この教えは今でも実践し自分の財産のようなものになりました。

そのクラブに行くようになり数か月…バドを初めて1年~1年半くらいでB級も決勝に行ったりすることができるようになっていました。

しかしその当時は、A級なんて怖くて出たくない。B級で楽しく出来ればええやーって思っていました。
きっと、このクラブの居心地がとても良かったのだと思います。

 

しかし、そんな想いを変えらされた出会いがまたこの後に待っていようとは当時の自分は考えてもいませんでした笑

 

 

次回…、こ、こいつ強すぎる…戦闘力・・・・53万だと!!



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



是非シェア・良いね!お願いします!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください