バドミントン自分の練習も大事




最近では、週に3日ジュニア指導・2日大人指導・1~2日自分の練習をしています。

 

大人の指導とジュニアの指導って同じ指導なんですが、

 

指導の際の言葉の選び方とか、接し方ってやっぱり違うんですよね。

 

指導の仕方に行き詰っていると、自分のバドミントン練習場所でふと

 

「あぁ、こういうことかぁ。」

 

解決策が分かるときがあるんです。

 

教えるだけでは気づけないことがあり、自分でやって初めて気づけるし教え方も

分かるときがあるんですね。

そんな時にはやっぱり自分の練習って大事って思えるんです。

それに指導していると色々と今まで気付かなかった事とかに気付けるし、

自分が教えてる子が上手くなっていくのを見てると

とても楽しいし達成感もあってやりがいがあるけど、

やっぱりまだまだ自分も頑張ってクラブ員には負けたくない!

って思いもあるんですよねw

なんだかんだ言っても自分も負けず嫌いですし、クラブ員には負けたくないって思うわけですよ。

 

そういった気持ちが自分の練習でやる気に繋がり良い練習ができる。

 

ほんとWin-Winって感じです。

 

今教えている子達にいつか追い抜かれて馬鹿にされないように自分もしっかりと

 

練習して上を目指すぞー!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で



是非シェア・良いね!お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください