クリアとロブを奥まで飛ばそう!長女の練習メニュー




長女小学3年生の課題は、やはりクリアとロブが奥まで飛ばないこと。

そこで長女と一緒に取り組んだ練習メニューを紹介します!

まず取り組んだことは、

原因の認識です。

以前の記事↓↓で書きましたが、原因を一つ一つ認識させて修正をするようにしました。

ハイクリアが飛ばない理由は?実は難しいショット?

2018.06.04

練習メニュー

フットワークの改善
足が入らなければ強いショットは打てませんし打った後の動作も遅れてしまいます。それを防ぐためにフットワークを見直しました。

内容は、

①基本の下がり方を丁寧に反復練習

・ホームポジションからまずはゆっくりとフォア奥に下がり、しっかりと溜めを作って素振りしてホームポジションに戻るをゆっくりでいいので繰り返し繰り返し練習します。その後反対側のバック奥への下がりも同じく何度も繰り返し練習します。

バドミントン初心者講座④フットワーク練習方法

2018.04.25

こちらの記事で下がり方などは詳しく説明してます。

ホームポジションから出来るようになったら今度は、前後に動きます。

ホームポジションからフォア前⇒ホームポジション⇒フォア奥⇒ホームポジション⇒バック前⇒ホームポジション⇒バック奥⇒ホームポジション。

といった感じで、始めはゆっくりと足の動きを確認しながら行いました。これも何度も反復します。

応用として、4点指示出しフットワークでランダムに指示を出し足の出方を確認します。

ノックノックノック

ノックで実戦的な練習を
フットワーク連である程度動きを覚えたらノックでシャトルを追いかけても出来るように練習します。ノッカーも始めはしっかりと高く奥まで返し、ホームポジションに戻ってきたのを確認し次を出します

ノックでの注意点は、

①しっかりと後ろまでフットワークをして下がれているか

②溜めを作れて振れているのか

③打点が体の後ろになっていないか。

この3点を注意しました。ノック受ける側はまずはしっかりとストレートクリアを打ちましょう。

その後、クロスクリアも練習してみたらいいと思います。

パターン連で生きた羽を

オールロングで生きた羽を
ノックで打てるようになれば次はパターン連です。オールロングを行い、どこからでも奥まで打てるようにします。

始めは半面で行いましょう。そして球を出す側は始めのうちは交互に出してあげましょう。慣れてくればランダムにし、スマッシュなども混ぜるとより実戦に近い感じになります。

長女はこの練習メニューを週3くらいでやってます。

今始めて1ヶ月半くらいになりますが、試合でもクリアが奥まで飛ぶことが多くなってきました。いきなり結果は出ないと思いますが、地道にやっていれば結果は出ると思いますのでクリアが飛ばないって思っている方このような練習をされてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 





是非シェア・良いね!お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください